東京上野会計事務所の月次決算

通常、法人の決算は年一回になりす。

各法人で決められた会計期間の終了後、一年間の取引をすべて入力し、在庫の確定、減価償却など決算整理をします。

これにより一年間の会社の利益と決算時の資産・負債の額が決定します。

今度はその数字に基づいて税金の計算をし、納付するという流れです。

通常のこの流れでは、会計期間の終了後、2ないし3ヶ月経った後に利益が確定します。

 

一方月次決算とは、この決算時に行う処理を毎月の締め後に行うというものです。もちろん本当の決算時とは違い簡易的な部分もありますが、できるだけ正確な利益の額と資産・負債の額を算出します。

一番のメリットは各月後において直ぐに会社の正確な数字が把握できるということです。 まさに今のタイムリーな数字です。

 

現在、利益がどのくらい出ているのか、これからどれだけの支払いが必要になるのか・・・

会社にとってはどれも重要なことで会社の経営を判断する上では欠かせないものです。

 

これらの情報が会計期間終了後の決算のみであると、たとえ有効な手立てをしようにも当期は終了しています。

そんな古い情報を誰が知りたいでしょうか?経営に反映させられません。全く意味を持たないということです。

それにもかかわらずこのようなサービスをしている会計事務所は多いのが実情です。

 

月次決算を確立するには、お客様にもそれなりの対応をしていただく必要があります。

お客様にとっては負担になりますが、それでもその負担以上のメリットが必ずあります。 

当事務所ではその流れにスムーズに移行できるようにお手伝いさせていただきます。

 

当事務所では月次決算を実践いたします。

 

台東区(上野)の税理士事務所

 

 

▲このページのトップに戻る