税理士プロフィール

税理士の高橋雅仁(たかはしまさと)です

 

 

-略歴- HP005.jpg

1974年 群馬県生まれ

 

 

都内大手会計事務所にて10年間勤務

 中小企業に対する幅広い業務と相続・譲渡を中心とする資産税業務に従事 。
 
優秀な人材が集まっており、切磋琢磨して仕事に打ち込むことが出来ました。
 
一緒に働いた仲間の多くは税理士として独立し、現在も活躍しています。

 

 


2004年 税理士登録(東京税理士会 登録番号99328)

2010年 東京上野会計事務所設立

東京上野税務署『青色決算説明会』 派遣講師
東京上野税務署『消費税等説明会』 派遣講師
税理士会上野支部『税の無料相談』 相談員
『確定申告電話相談』 相談員

都内葬祭場 相続相談員


 

 

 

 

 

 

-趣味-

スポーツ観戦
 スポーツ全般が好きですが、アメフトをよく観ます。

テニス
 最近はさぼり気味です。

アウトドア
 BBQ、トレッキング。富士山登頂済みです。

VODKA
 お酒もいけます。

 

台東区(上野)の税理士事務所

税理士ごあいさつ

皆さんは税理士といえばどのようなイメージをお持ちでしょうか?

  • 堅くて気難しい
  • 威張っていて税務署の肩を持つ
  • 暗い・地味
  • 難しい専門用語を使う
  • 敷居が高い

 このようなあまり良いイメージをお持ちではないような気がします。テレビドラマでも『弁護士』 のように格好良く取り上げてもらうこともありません。

確かに、税理士業界では依然として記帳・申告・節税のみをサービスとしており、経営者との コミュニケーションを苦手としている方も多く見られます。
一方、経済情勢が刻々と変化する中、中小企業の求めるニーズも変わってきています。 従来型のサービスのみでは対応できないと考えております。
私は従来型のサービスにとどまらず、様々な角度から経営者をトータル的にバックアップすることで、経営判断のサポートをいたします。

税理士としての私の目指すところは、経営者の方に数字を理解してもらったうえで経営計画、経営戦略、経営状態について一緒に考え、悩み、アドバイスをしていきたいということです。
もちろん、多くの経営者の方は長年の培ってきた経験、感覚で会社のことは把握されています。お客様のなかには経理関係や数字に対しアレルギーをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、会社の数字から読み取れることを分析することで、会社を今までとは違う角度からみることができ、新たな発見や、自分の考えの根拠とすることができると思います。
そのためのお手伝いをさせていただきます。

中小企業は皆大変な思いをして毎日をやりくりしています。責任感のある経営者ほど、どうにかして事業を継続させ、雇用を守っていきたいと必死になっています。
そんな中小企業の経営者にとって、何でも話せる相談相手になれるような税理士事務所でありたいと思っています。

感謝の気持ちを忘れず経営者と同じ目線で仕事をする』をモットーに経営者の夢の実現のお手伝いをさせていただければ幸いです。

当事務所はスタートしたばかりですが、私たちが関与したクライアント様みなさんと一緒に成長できることをいつも願って仕事に取り組んで参ります。


顧客満足度No.1の会計事務所』を目指して、皆様とご一緒に仕事ができることを楽しみにしております。 

 

 namae.jpg

  

 
▲このページのトップに戻る